【特別企画 第一弾】ソフトウェア開発の手順を完全公開‼︎

東証のシステムダウンのニュースを見て、東証の運用レベルの高さとそれでもシステムダウンは避けられないという残酷な真実に驚愕しています。みなさんはどう思いましたか?

私もあそこまでの運用能力は持ち合わせていませんが、これでも仕事でビジネス企画から保守運用まで一貫して担当した経験があります。うまくやるために貪るように書籍を読み漁り知識を蓄えてきましたこともあります(今も変わりませんが)。
今日までのキャリアを振り返ると自分でもとても面白い経験をしてきたなと思ってます。

そこで今回は今までとは一風変わったことにチャレンジしようと思います。

それは・・・

いちからソフトウェア開発チャレンジします

はい。今までの知識と経験をフル活用していちからソフトウェア開発をしようと思います。

しかしそれだけではありません。

なんと開発までの一連のプロセスまでオープンにしちゃいます!
つまり、要件定義から開発までどのようにして行っているのかをすべて見られるようにします!
実際に私がどのようにソフトウェア開発を行っているのかを皆さんにお見せしようということです。

今回のチャレンジについて

では今回の企画の概要について軽く紹介します。

開発するもの

開発するのはTODOリストとかありきたりなものではありません。ここで開発するのは案件管理システム、いわゆるSFA(Sales Force Automation)です。
ちょっとマニアックですかね。

今までの仕事でけっこうCRMに関する業務に携わることが多くあり、始めるにはよいテーマだったのでこれにしました。

やることとやらないこと

ソフトウェア開発のプロセスを公開すると言うことなので、以下の工程について触れます。

  • 要件定義
  • 設計
  • 実装

要件定義ではどのようにしてクライアントの要求を整理し管理しているのかについて紹介します。

設計では要求を元にどのように落とし込んでいくのかを説明します。ただしバックアップ設計やログ設計といった運用に関する項目については除外しています。

実装は実際に作成したソフトウェアを公開します。また、必要に応じて説明を行います。

テストについては今回は対象外としています。

今後の展開について

出来上がったものは随時GitHubに公開していきます。以下のURLにアクセスすれば見ることができます。

https://github.com/R-Saotome/how-to-develop-software

また、GitHubで公開しきれないような細かい点については随時記事を書いていきたいと思います。お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA